事故防止研修

職員全員が3グループに分かれて事故防止研修を行いました。

≪目的≫

①一人一人の身体状況の違いを把握し、適切な介助を行う

②高齢者疑似体験を通して不自由さ不安定さを実感し危険予測を培う

研修を終えて・・・

◎視界を遮るメガネと聞こえを遮る耳あて、そして重りを身体につけての体験は大変貴重でした。

介助側の声掛けによって恐怖心が安心感に変わったり、車椅子を押す速度の大切さを

改めて感じました。