特別養護老人ホーム入所方法

【入所までの流れ】
入所申込

1 . 入所申込書について
介護保険の要介護3以上の方か、要介護1又は2の方のうちやむを得ない事情により在宅において日常生活を営むことが困難である方(横浜市の定める「特例入所」の要件に該当する方)はお申し込みが出来ます。
横浜市特別養護老人ホーム入所申込書をご記入頂き介護保険証の写しを添付し横浜市特養申込受付センターへ郵送にてお申し込みください。申込書及び記入の手引きは区役所高齢・障害支援課、地域ケアプラザ、市内の特別養護老人ホームで配布しております。
また、横浜市健康福祉局ホームページからのダウンロードも可能です。
特例入所の要件につきましては、入所申込書へ記載されておりますのでご確認ください。

2. 入所優先順位について
申込書の記載内容に基づき、入所希望者本人の状況等を総合的に勘案し点数化を行い合計点の高い順に入所優先順位を入退所検討委員会に於いて決定します。
点数化の基準項目は下記の通りです。

  • 1要介護度
  • 2入所希望者本人の状況
  • 3主たる介護者である家族の状況
  • 4横浜市内居住者(市街居住の方もお申し込み頂けます)
  • 5その他特記事項
  •  
    上記の入所優先順位に関わらず次の場合においては、委員会の判断に於いて優先入所を決定する事があります。

  • 市町村から老人福祉法第11条第1項第2号の規定に基づく措置入所依頼があった場合、又は家庭における虐待や介護放棄、事故などの事情により、市町村が緊急性を認め優先入所依頼があった場合
  • 当施設に入所されて片で、概ね3ヶ月を越える入院の為退所となった後、入院加療の必要が無くなり、再入所の希望があり、入院前の状況と変わらないと認められた場合
  • 緊急性が認められる場合(直ちに施設入所を必要と判断された場合)

 
3. 面談について
空床発生の状況に応じて入所優先順位の高い方から面談を行わせて頂きます。施設職員が入所希望者本人の現状生活されている場所へ訪問致します。当施設の短期入所利用歴がある方は省略させて頂く場合 があります。
 
4. 入所判定について
面談実施後、入退所検討委員会において入所可否を判定致します。入所判定の結果を申込者に連絡致します。入所可能となった方は入所日の調整を行います。
 
5. 入所について
入所日当日は契約を行いますので申込者もしくは入所者本人の状況の分かる方の立会いをお願いしています。ご来所される際の送迎は原則行っておりません。介護タクシー等の利用を希望される方はケアマネージャー等に御相談願います。

ゆうあいの郷
入居に関する質問、お問い合わせは
045-303-8080
までお気軽にご連絡ください。
メールの方はこちら