七草粥

   

      1月7日(火)

昼食に七草粥を召し上がって頂きました!

 


七草粥とは?

“芹(せり)”“薺(なずな)”“御形(ごぎょう)”“繁縷(はこべら)”

“仏の座(ほとけのざ)”“菘(すずな)”“蘿蔔(すずしろ)”の春の七草を

使って作られるお粥。

正月飾りを飾っておく“松の内”の最終日となる1月7日に食べることで、

一年間の無病息災を祈願する意味があります。

また、豪勢なお正月料理やお酒で弱った胃腸を野草で回復させるという

意味合いもあるそうです。


 

   【昼食メニュー】

 ・七草粥

 ・赤魚の粕漬焼き

 ・清し汁

 ・甘酢和え

 ・漬物

 

季節感のあるお食事は、皆様に大好評でした!