夏の風物詩来郷です!🐞

皆様!夏の風物詩!何を連想しますか? あるサイトによると食べ物では、スイカ、冷や

し中華、かき氷、ビールが上位を占めているそうです。

食べ物以外では、ダントツで花火、続いて海水浴、夏奉り・盆踊り、セミだそうです。

個人的には、夏祭りの女性の浴衣姿を思い浮かべていた若いころ!ここゆうあいの郷に勤

めてからは、ちょっとその考えが変わってきました。

夏の風物詩! それは、黒く光った重厚なフォルム、夜に活動を活発化する。ゴキブリで

はありませんよ! 立派な角を有する。そう、そう、そうなんです!

カブトムシであります!

8月1日梅雨が明け、今年もようやく、ゆうあいの郷に飛んできました!

(ノコギリクワガタは一足先に来郷しておりましたが)

ここゆうあいの郷は、横浜の秘境?(横浜のチベットと言われている?)瀬谷区の比較的

自然に恵まれた場所に位置しております。毎年夏になると、外灯にカブトムシがわんさかわ

んさかと飛来するんですよ。(但し年々少なくなってきている感じがします!)

夜勤の休憩時間には、童心戻って、カブトムシ採集に夢中になり、貴重な休憩時間がなく

なってしまったなんてこともおりましたねぇ~。(T_T)/~~~

昨年は、ある職員が、バナナに、はちみつ、お酒を混ぜたエサを仕掛けたところ、一晩で

30匹近くのカブトムシを採集したそうです。もちろん採集したカブトムシはといいます

と、職員の子供様へのプレゼント。但し、多く持ち帰りすぎて、奥様に叱られた!との話も

聞いております(笑)

また、利用者の皆様にお見せすると、特に男性陣は、角を持ったりと興味津々、子どもの

頃の虫取りの話を聞かせてくれたりもします。(お年をとっても男の子なんです!)

引き取り手のないカブトムシは自然にリリースしますが、過去には、捕まえたカブトムシ

を入れた箱が破られ、ワーカー室内に脱走!蛍光灯の周りを飛び回る等、カブトムシの確保

に職員が右往左往するなんてこともありましたね(笑)更に、ふ化するせみの幼虫をその

ままにして、セミの鳴き声で思い出したなんてこともありました。

ごめんなさい。これも私です!

これから夏本番!そしてコロナウイルス感染拡大予防対応など、大変な日々が待ち受けて

おりますが、皆さんちょっとしたことに喜びや、やりがいを感じながら、ストレスを発散

し、お互い頑張って行きましょう!

カブトムシは、それはいつになっても魅力ある昆虫の王様です!

そして、昆虫採集は男の永遠のロマンです! by Nabe