秋の日のゆうあいの郷の1日!

 

残暑も一息つき、過ごしやすい秋の気配が深まる今日この頃!

久々の遅番勤務ということで、利用者の皆様と一緒にレクリエーションを通して、1日を楽しむ

ことが出来ました。今回は、午前、午後に行ったレクリエーションの様子を報告しますね!

午前のレクはといいますと

まずは、定番のリハビリ体操で、身体を動かします。音楽とともに、”手を伸ばして! グー

パーグーパ” 何て感じで! しっかりと利用者様の動きを観察しながら、しっかり動かしてい

る利用者様には、”〇〇さん!良く動いてますね!いいですね!”なんて声かけすると、笑顔で、

もっと身体を動かして頂けたりします。(声かけは本当に大切です)

身体がほぐれたところで、小休憩の、今日にまつわるお話をして、間違い探しの脳トレを行い

ました。予め用意した絵を見て頂き、左右の絵で違う所を手をあげて答えてもらうというもので

す。”おいもの大きさが違う!” ”魚が右の絵にはいないよ!”などなど。手を上げるよりも、我

先にと、見つけた答えを言いたいのしょうね!フロア内に大きな声と笑顔がいっぱいでした。

皆様本当に真剣に、一生懸命左右の絵を見比べ、間違いを探していました。

お次は、皆様大好きな歌レクを少し! 私の専売特許となりつつある、オカリナ演奏と共に。

皆様、大きな声で歌って頂きました。

今日は、北国の春、星影のワルツ、瀬戸の花嫁、故郷、東京キッドを皆様と唄いました。最後

に私が今練習している、中島みゆきさんの”ヘッドライトテールライト”を聞いて頂き、温かい拍

手をもらいましたよ!(上手くなったね!と言って頂けると頑張っちゃいますよね!)

午前の最後は、円になって、大きなボール、お玉を使って、ピンポン玉を回すゲームを行いま

した。皆さん器用にお玉にのせたピンポン玉を回しておりました。お玉が上手く使えずに、手

で、ピンポン玉を隣の方に回す利用者様もいましたが、これもご愛敬!ていうことで(#^^#)

午後のレクは、昼食後少しお休みされた後の、おやつまでの時間ですが、午前に引き続き、歌

レクを少し行った後に、紙芝居を朗読しました。

紙芝居は、皆様本当に楽しみにされているようで、朗読する職員も少しプレッシャ-を感じて

おりますが、詰まっても、読み間違えても利用者の皆様、温かい目で見て頂いてくれます。

本日朗読した紙芝居は”さんぼじいさんの石”というお話しです。

最初に大きな宝石を見つけたおじいさんが、市場に行く道中、出会った人が持っている牛、

羊、鶏と交換していき、最後は少女が持っている綺麗な花と交換して、おばあさんに贈るという

あらすじです。わらしべ長者とは逆の展開となりますが、お花をもらったおばあさんは、宝石よ

りも、おじいさんが一生懸命に選んだお花を、それはそれは喜んだということで、利用者の皆様

も笑顔でよかったね!とお話しされておりました。

午後のレク終了後、本日は木曜日ということで、皆様が楽しみにされているコーヒ-喫茶の日

でありました。ゆうあいの郷のダンディ吉田&石井さんがいれたコーヒーを、本日のおやつであ

る抹茶ロールと一緒に、皆様おいしそうに召し上がられていました。

忙しい中ではありますが、利用者の皆様が笑顔で楽しめる日々を提供できるように、これから

も職員一同頑張りたいと思っています。