~敬老の日の写真~

9月20日は敬老の日でありました。!

多年にわたり社会に貢献されてきた老人を敬愛し、長寿を祝うという国民の祝日として。1966年から制定されまし

た。なお、「祝日法」の改正により、2003年からは9月第3月曜日となっております。

そんな敬老の日であるこの日、ゆうあいの郷では、数日前から吉濱相談員、池田管理栄養士が夜なべして、こつこつと

準備した感謝状を飾りつけした会場で、利用者の皆様にお渡しする日でもありました。

(吉濱様いつもながらの行動力、そして池田さんプロ顔負けのくす玉の作製、本当にありがとうございました)

ゆうあいの郷は、本入所100名、ショートステイ10名の、計110名の従来型特別養護老人ホームでありま

す。ここにご入居されるご利用者の皆様の年齢層もさまざまであります。

今回は敬老の日ということでゆうあいの郷の最高齢のご利用者のことを少しお話します。

年齢は105歳で、ご自身で食事も召し上がられ、”サンマーメン”が大好きなお嬢様であります。

入れ歯も声掛けするとご本人様で出し入れされ、車椅子で自操することもたまにあります。また、歌が大好きで、

レクリエーション以外でも、ふるさと、雨降りお月様などの唱歌を笑顔で唄われ、私たち職員に大人気のご利用者です。

今回、77歳の喜寿3名、88歳の米寿5名、90歳の卒寿6名、99歳の白寿1名、100歳以上1名には、手作りの

感謝状をお渡しするとともに、飾りつけした会場で記念撮影を行いました。掲載時期が遅れましたが、皆様方の元気なお

顔をご覧ください。なお、写真に関しましては、外枠に飾り付けを行い、10月発送のご家族様宛のお手紙に同封してお

ります。

それでは1Fの皆様からです!

続きまして2Fの利用者の皆様です!