~7月度行事食~🎋

7月 7日は七夕の日です!

夏の夜空に明るく輝く3つの星は、夏の大三角とも呼ばれる、この3つの星のうち、こと座のベガを織姫、わし座のア

ルタイルを彦星とする七夕の伝説は、日本人にとって馴染みが深いものです。

この日、ゆうあいの郷では、月に1度の行事食の日でもありました。

今月の行事食のテーマはもちろん”七夕”であります。

各料理とも細工がしてあり、味はもちろんのこと、見て楽しめる行事食で、利用者の皆様には大好評でありました。

メニューは!!

☆七夕素麺  ---素麵は、白、黄色、桃色の3色に彩られ、見た目も華やかでありました。海老もたくさん入って

いました。素麺は天の川をイメージしているのでしょうかね?

☆海老しんじょうの煮物 ---海老しんじょうのほか、大根、しいたけ、きぬさやも入っていました。

☆七夕杏仁 ----みかんゼリ-に星形の杏仁豆腐で飾りつけ。

以上です!

もともと、七夕の日には、あまり知られていませんが、素麺を食べる習慣があるとのこと、ウェザーニュースで、私

のお気に入りの女性キャスタ-が話していました。

その由来は

「天の川に見立てて食べる」という説もあるそうですが、もともとは、七夕が中国から伝来した際に、共に言い伝え

られた「索餅(さくへい)」が素麺の起源であるとされています。

索餅は中国に伝わる小麦を使ったねじり菓子で、「七夕の日に索餅を食べて無病息災を祈る」という習慣があり、素

麺が織姫を連想させる織り糸に似ていたことから 、索餅はやがて作り方や、形を変えて素麺へと変化し、七夕素麺を

食べるようになったと考えられています。(諸説ありますが)

それでは、本日の行事食のご様子ご覧くださいませませ !(^^)!(^^)!

まずは1Fの皆様からです!

続きまして2Fの皆様です!

ご利用者の皆様、

おいしいね、綺麗だね!と笑顔がみられました。皆さん、ほぼ全部召しあがられておりました。( ^)o(^ )

いつもよりも本当に色彩も華やかで、私達職員も、食事介助時にはお話しをしながら、楽しみながら介助出来ました。

次回は、土用の丑の日! うなぎです!  利用者の皆さんはもちろんのこと、私達職員も楽しみにしています!