3月行事食~ひな祭り~🎎

3月3日は桃の節句、ひな祭りであります。

ゆうあいの郷でも、この日の昼食は行事食の日。テーマはもちろん”ひな祭り”であります。

数日前からフロアには、立派なひな人形や、職員お手製のひな人形、利用者の皆様の塗り絵

などが飾られ、フロアはひな祭りに向けて盛り上がっておりました。

また、行事食のメニューを見て、普段の全粥から、常食の散らし寿司にして欲しいと、希望さ

る利用者様もいらっしゃいました。

少しひな祭りについてお話ししますと!

3月3日のひな祭りは、正しくは上巳(じょうし、じょうみ)の節句というそうです。3月の初

めの巳の日という意味ですが、のちに3日となり、ちょうど桃の季節のため、今では桃の節句と

いう名で親しまれています。

また草木あるいは、紙やわらで作った素朴な人形に、自分の災厄を移して海や川に流した、祓

いの行事と、平安時代からの人形遊びがルーツとなり、現在の「ひな祭り」に至ったそうです。

ゆうあいの郷にも、立派なひな人形がありますが、ひな人形には、生まれた子どもがすこやか

で、優しい女性に育つようにとの、親の願いが込められています。ひな人形をその子の形代と考

えて、どうぞ災いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の

幸福を得られますようにという、あたたかい思いを込めて飾るのだそうです。

それでは、本日の行事食のメニューの紹介です。

・ちらし寿司

錦糸たまごの黄色、桜でんぶの桃色、きぬさやの緑色の彩りも良く、刻み穴子も入っており

ゴージャス感満載でありました。

・てんぷらの盛り合わせ

海老、なす、ピーマン、さつまいもの4品。さつまいものほくほく感、海老の甘味が満喫でき

ました。

・菜の花の辛子和え

季節を感じる1品。紅かまぼこが入っていました。

・三色ババロア

ひな祭りの菱餅をイメージ。白色はバニラ味、桃色はストロベリー味、緑は抹茶味。なお、菱

餅の桃色は桃の花を意味し、魔除けの意味もあります。白は長寿、子孫繁栄の意味があり

ます。緑は健康、長寿でよもぎを使います。なお、ひなあられは桃・緑・黄色・白の4色

で日本の四季を表現し、四季を通し健康に暮らせますようにとの願いが込められています。

・潮汁

ひなまつりの定番のはまぐりのお吸い物ではありませんが、磯の香りがして、美味しく頂きま

した。はまぐりの貝は対以外は決して合わないことから、夫婦で添い遂げられますようにとの

願いが込められています。

またおやつは、かわいい桜餅でありましたよ!

 

ご利用者の皆様も、『わー綺麗!』、『美味しいね!』などお話しになり、介助に入る職員と

ともに、行事食のお話しをしながら、楽しみながら美味しく頂けたようであります。もちろん、

本日の行事食、利用者の皆様、食が進んだことは言うまでもありません。

それでは行事食の様子御覧ください。今回は、行事食を召し上がった様子の撮影があまりでき

ませんでしたが、ひな祭りでのフロアでのご利用者の皆様のご様子を撮影致しましたので、あわ

せてご覧ください。(今回は、ひな祭りということで、女性の利用者の皆様を中心で撮影してお

ります。)